阪神・陽川 また本盗決めた!矢野阪神 トリックプレー大成功

[ 2020年3月25日 05:30 ]

練習試合   阪神9―5DeNA ( 2020年3月24日    横浜 )

<D・神>7回、本盗成功の陽川(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 矢野阪神が、またも「トリックプレー」で価値ある1点をもぎ取った。4―5の7回2死一、三塁。桜井の投球前に一塁走者の高山がスタートを切るそぶりを見せ、一塁にけん制しようとしたタイミングで三塁走者・陽川がスタート。慌てた左腕の本塁送球が乱れて同点の本盗となり、高山も二進(記録は投手失策)した。

 「(サインかと問われ)はい。そういうのもできるように、頭に入れてこれからもやっていきたい」

 捕手の高城に激突しながら生還した陽川が胸を張った。矢野監督も「陽川はもともと走塁がいいからね。(サイン?)もちろん」と狙い通りを強調。15日のオリックスとのオープン戦でも3回に、同じ三走・陽川が一走・小野寺との重盗を決めていた。

 指揮官が2軍監督時代からナインに植え付けてきた積極的走塁。就任2年目でさらに浸透しており、同リーグのライバル・DeNAにも「今年の阪神は何か仕掛けてくる」という印象を与えただけでも、意味ある練習試合となった。(山添 晴治)

 ▼DeNA・桜井(本盗を決められ)頭にはあったが対応しきれなかったのは反省。阪神は足が速い人が多く、やってくると思う。今日経験できたのは良かった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月25日のニュース