巨人・高橋 新妻がコーチ「二人三脚トレ」 約10種の体幹メニュー考案

[ 2019年12月28日 05:30 ]

ジャイアンツ球場でキャッチボールを行う巨人・高橋
Photo By スポニチ

 巨人・高橋が球場納めとなった川崎市のジャイアンツ球場で自主トレを行い、「夫婦二人三脚トレ」で年末年始も鍛えることを明かした。1年目の今季は5勝を挙げたものの、シーズンを戦い抜く体力不足を実感。「体の中心がしっかりしていないとしんどい。走るのにも投げるのにも打つのにも使う」と体幹力向上をオフのテーマの一つに掲げる。

 大学時代にトレーニング知識を学んだ2歳年上の新妻が考案した約10種類の体幹メニュー。「こんなんでよくプロ野球選手になれたね」などと厳しい言葉を掛けられており「死ぬほど言われて、メンタルを削られながらやっています」と笑う。食事のサポートも受ける22歳左腕は「野球の結果で返すしかない」と恩返しを誓った。(岡村 幸治)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年12月28日のニュース