巨人・高田、プロ初勝利へ意欲 若手先発陣から刺激「負けていられない」

[ 2019年6月17日 14:48 ]

<巨人練習>ブルペンでピッチングをする高田(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人の高田が17日、川崎市ジャイアンツ球場で投手練習に参加。ブルペン入りし、約40球の投球練習を行った。19日のオリックス戦(東京ドーム)で今季初登板初先発を迎える予定の右腕は「素晴らしいバッターもいますし、足のある選手も多いというイメージはあるんですけど、いつも通りに自分の力を出していくことが今、一番大事かなと思います」と意気込んだ。

 チームは交流戦で、桜井や今村など若い先発陣が躍動。20歳は「率直に凄いなと思いますし、負けていられないという気持ち」と闘志を見せた。

 今季は春季キャンプを1軍でスタートさせるも、後半から2軍降格。悔しさをばねにファームでは直球の強さを磨いてきた。「今までファームでやってきたことに自信はある。どこまでできるかという楽しみはあります」。昨年7月29日の中日戦以来プロ2度目の登板で初勝利を目指す。(岡村 幸治)

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年6月17日のニュース