“高校四天王”唯一の左腕、横浜・及川 スライダーの切れ味一級品

[ 2018年12月31日 05:30 ]

横浜の及川
Photo By スポニチ

 来秋のドラフトは高校生投手が豊作。大船渡・佐々木朗は1メートル89の長身だが、83キロとまだ細身で、体ができてくればさらに成長が期待できる。

 今秋を終えた時点ではU18日本代表で明治神宮大会にも出場した星稜・奥川が充実しており、スカウトの評価も高い。左腕で今年6月に最速152キロをマークした横浜・及川は秋の関東大会は制球に苦しんだが、切れのあるスライダーは一級品。創志学園・西も含めた4人の一冬を越えた成長を各球団は注視する。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月31日のニュース