西武・稼頭央2軍監督 若手育成プラン第1弾“ノーサイン作戦”

[ 2018年12月31日 05:30 ]

西武・松井稼頭央2軍監督
Photo By スポニチ

 西武の松井2軍監督が若手育成プランの第1弾を披露した。「公式戦が始まったらできないけど、キャンプ、オープン戦では6回までノーサインで試合をやらせたい」と語った。

 その意図を「選手が何を考えて野球をやっているか知りたいし、考えることの大切さを知ってほしい」と説明。日米25年間の現役生活を踏まえ、若き指導者は若い選手に主体性を身につけさせる考えだ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月31日のニュース