オリ“ラオウ”杉本結婚していた 同い年一般女性と

[ 2018年12月31日 05:30 ]

オリックスの杉本
Photo By スポニチ

 オリックスの杉本裕太郎外野手(27)が結婚していたことが30日、分かった。お相手は同い年の一般女性で、今月に披露宴も済ませ、すでに大阪市内で新婚生活を始めている。「自分が苦しいときや結果が出ないときも支えてくれた方で、今度は僕が結果を出して、支えていきたいと思っています」と真っすぐな言葉で決意を明かした。

 杉本はJR西日本から16年に入団。日本人離れした飛距離など打撃が持ち味で、今季は7月11日の楽天戦、同17日の日本ハム戦と自身2試合連続満塁本塁打を放った。死球を受け骨折した左手のリハビリも順調で、26日に打撃練習を再開。「キャンプには間に合います」と出遅れを巻き返すつもりでいる。

 愛読する漫画「北斗の拳」の登場人物「ラオウ」にあこがれる純朴な青年で、何かと目立つ存在だが「本当は野球で活躍して、記事に取り上げてほしいんです」という真面目な一面もある。そのためにも来季は外国人やT―岡田との定位置争いに負けない覚悟。「1年間全試合で1軍に定着したい」。奥様やファンを喜ばせる一打を放つ意気込みだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年12月31日のニュース