日本ハム・栗山監督 ドラ1輝星の起用方針明かす「高卒か大卒かは関係ない。早めに行きましょう」

[ 2018年12月31日 07:00 ]

栗山監督(右)と吉田輝星
Photo By スポニチ

 日本ハムの栗山英樹監督(57)が31日放送の北海道放送・HBCラジオ「ファイターズDEナイト!2018年末スペシャル」(正午)に出演。注目の大物ルーキー吉田輝星投手(17)の起用法について「高卒か大卒かは関係ない」と早期に起用する方針を明らかにする。

 栗山監督は夏の甲子園を沸かせた注目選手を次々と獲得した今年のドラフト会議を回顧し、「選手が持つ縁を感じた」としみじみ。吉田の起用法については「中心投手になると思っている。早めに行きましょう」とズバリと答える。

 高卒投手を早めに起用することに「高卒だからではなく、ケガをしない体ができているかどうかが大事。今はトレーニング法が進んでいるので、高卒か大卒かは関係ない」と持論を展開。実際に本人を見てから判断するとしつつも「変な間を空けない方が良い」と語った。

 ほかにも、メジャーで新人王を獲得した大谷翔平投手(24)との再会秘話や,退団が決定的となったブランドン・レアード内野手(31)への思いも告白。北海道外では、radikoのエリアフリー機能を使って聴くことができる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年12月31日のニュース