DeNA・今永昇太 1700万円ダウンの6700万円で更改「恥ずかしいシーズン」

[ 2018年11月18日 12:45 ]

プロ入り後初めて年俸ダウンとなった契約更改を終え、会見に臨むDeNA今永
Photo By スポニチ

 DeNAの今永昇太投手(25)が18日、横浜市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、1700万円ダウンの6700万円でサインした。会見で「(大幅ダウンに)特に言うことはない。何も出来なかったので。プロ野球選手として恥ずかしいシーズンを過ごしてしまった」と話した。3年目の今季は23試合に登板、4勝11敗、防御率6・80の成績でシーズンを終えていた。

 昨季はチームトップの11勝、防御率2・98をマークし、4400万円増の8400万円と倍増以上の昇給を勝ち取ったが、今季は一転して自身初のダウン更改となった。(金額は推定)

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年11月18日のニュース