巨人 戦力外通告の4選手があいさつ 江柄子「トライアウトを受けるかどうかを含めてこれから」

[ 2017年10月5日 18:13 ]

 4日に戦力外通告を受けた巨人の4選手が5日、ジャイアンツ球場を訪れ、あいさつなどを行った。

 江柄子裕樹投手(30)は「トライアウトを受けるかどうかを含めてこれから」と話し、今後を未定とした。乾真大投手(28)と長谷川潤投手(26)は現役続行を希望し、11月に開催されるトライアウトを受験する予定。鬼屋敷正人捕手(26)は「トライアウトは受けません。とりあえずゆっくりします」と引退を表明した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年10月5日のニュース