女子プロ野球・埼玉、浴衣イメージモデルに JR車内映像登場

[ 2017年7月10日 05:30 ]

浴衣を着た埼玉アストライアの選手、コーチたち
Photo By 提供写真

 女子プロ野球リーグ・埼玉アストライアの選手、監督、コーチがイオンの浴衣2017〜SAITAMA ver.〜のイメージモデルを務める映像が今月10〜16、JR埼京線、同・京浜東北線内のトレインチャンネルで紹介される。

 トレインチャンネルで女子プロ野球の選手たちが登場することは初めてで、6月末に紹介された映像は早くもファンの間で評判となっている。

 普段はユニホーム姿の選手たちが艶やかな浴衣を身にまとい、女性らしい一面が楽しめる。

 登場するのは、川端友紀、佐藤千尋、加藤優、磯崎由加里、奥村奈未の5選手のほか、中島梨紗監督、辻内崇伸ヘッドコーチ。川端は「浴衣モデルは少し照れましたが、プロの方にヘアアレンジや小物などで可愛くしてもらえて嬉しかったです。トレインチャンネルはすごく目につきやすいと思うので、多くの方に見ていただき、女子プロ野球を知ってもらいたいと思います」と話す。

 イオンは埼玉のオフィシャルパートナーとしてチームを応援しており、海の日の17日に神宮で行われる対京都フローラは「AEON Lake Town Presents 日本女子プロ野球リーグ2017ヴィクトリアシリーズ」として行われ、大型ビジョンでも放映される予定。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月10日のニュース