内川主将、開幕戦へ意欲 胃腸炎で再離脱も「大丈夫」

[ 2016年3月23日 16:52 ]

 胃腸炎のため、21日のオープン戦最終戦を欠場したソフトバンクの主将の内川が25日にコボスタ宮城で行われる楽天との開幕戦に意欲を見せた。ヤフオクドームでの練習ではフリー打撃などで汗を流し「大丈夫。この時期の離脱で良かったと思えるように頑張る」と話した。

 13日に左肩痛で戦列を離れ、チームに合流して20日の広島戦に6試合ぶりに出場した直後に胃腸炎で再離脱した。工藤監督は「練習を見て、特に調子が悪いとは思っていない」と述べ、開幕戦から「4番・一塁」で起用する方針だ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2016年3月23日のニュース