東邦「バンビ2世」藤嶋11K&V打 進化の二刀流

[ 2016年3月23日 05:30 ]

<東邦・関東第一>1回表無死、先頭の宮本を空振り三振に仕留めてガッツポーズを決める東邦・藤嶋

第88回選抜高校野球大会1回戦 東邦6―0関東第一

(3月22日 甲子園)
 1回戦3試合が行われた。史上最多5度目の優勝を狙う東邦(愛知)はエース、4番、主将を担う藤嶋健人投手(3年)が9回2死まで投げて被安打1の11奪三振。打っても先制点を挙げる活躍で関東第一(東京)を破った。木更津総合(千葉)は早川隆久投手(3年)の投打にわたる活躍で札幌第一(北海道)に快勝。春夏通じて初出場の明石商(兵庫)はサヨナラスクイズで日南学園(宮崎)を破った。

 大人びた。1年夏以来の甲子園。ふっくらしていた藤嶋の体はシャープに絞られ、頬の赤みもなくなった。何より、雄叫びが消えた。無邪気なだけの「バンビ」から成長した背番号1がいた。

 初回は1四球を挟んで3アウト全て空振り三振。「独特の雰囲気だった」という序盤こそ球は荒れたが、直球と緩いカーブを交ぜて波に乗った。最速はスコアボード上では142キロで、ネット裏の巨人スカウトのスピードガンでは144キロを計測した。5回先頭に1安打を許しただけで9回へ突入。1死後、見逃しで11個目の三振を奪った。完封まであと1人――。ここでベンチから指示が出た。松山とポジションを入れ替わって右翼の位置へ。松山が1人を打ち取って、試合が終わった。

 「最後まで投げたかったですが(打者)1人だけでも松山が投げたのは大きい。1年生の時よりも周りが見えて楽しめていると思います」

 同じ愛知の中京大中京を抜く、単独最多5度目の優勝を狙う春。頂上への道に2番手投手の存在は欠かせない。聖地初完投は次戦以降に持ち越したが、主将の立場としては納得の交代だった。打っても初回2死三塁で左前へ先制適時打。4番打者の一撃が先発全員の14安打を呼び込んだ。

 最速146キロ、高校通算38本塁打の二刀流。投打で絶対的な存在でありながら、謙虚でとにかく明るいキャラクターだ。1年時に級友だった梶浦マネジャーは言う。「クラスでは(女優の)“広瀬すずさんと結婚する”と言ってはみんなを笑わせています。甲子園で活躍すれば、近づけるんじゃないかって」。EXILEの歌を歌ったり、モノマネなどを披露しては部員を和ませている。

 森田泰弘監督は「普段通りの藤嶋が出れば、チームは躍動する」と信頼を寄せた。センバツ初出場初優勝を飾った1934年と同じ、白のアンダーシャツを着用して挑む今大会。藤嶋は「目の前の一戦一戦をしっかり戦えば、優勝の可能性は十分にある」と力強く宣言した。 (吉仲 博幸)

 ▼巨人・山下哲治スカウト部長 投手としても打者としても両方でドラフト対象に入ってくる。右打者のアウトコースに決まる球がいい。まだ粗削りな部分があるが将来性は十分。
 ▼オリックス・中川隆治アマスカウトグループ長 経験を積んでいるから冷静。ゆったりしたフォームからリリースだけ力を入れているというか投げるコツを知っている。

 ▼阪神・北村照文スカウト トレーニングの成果が出ている。下半身、体幹が昨年年より安定している。真っすぐも力強いしアウトローに決まる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月23日のニュース