名球会 新理事長に山本浩二氏「国内で全員が参加する野球教室を」

[ 2014年12月18日 05:30 ]

名球会総会に出席する(左から)山本新理事長、王前理事長、古田新副理事長

 日本プロ野球名球会の総会が16日(日本時間17日)、米ハワイ州ホノルル市内のレストランで行われ、新理事長に山本浩二氏(68)が就任することが承認された。王貞治理事長(74)は長嶋茂雄理事(78)と顧問に就任することが決まった。

 山本理事長は「何年後かにできれば国内で全員が参加する野球教室をやりたい。イチロー、松井にしても出てきてくれればありがたい。2020年の東京五輪へ野球熱を高めたい」と意気込んだ。古田敦也氏(49)、柴田勲氏(70)が副理事長になり、古田氏は国内開催の実行委員長になる。

 また、議論の出ている投手の「200勝」が近年の野球に合わないことについて、新理事長は規約の改正など検討の余地がある考えを示した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年12月18日のニュース