西武「恋人ですから」…中島説得は2軍時代恩師に任せた!

[ 2014年11月11日 05:30 ]

アスレチックスからFAとなった中島

 アスレチックスからFAとなった中島獲得へ、西武は交渉の窓口を鈴木葉留彦球団本部長に一本化する。

 中島が入団した01年に2軍監督だった同本部長は「(中島獲得を)何より最優先する。他の人には任せず、自分が窓口になる」と一手に引き受けることを明言した。渡米する予定はなく、中島本人との電話交渉を粘り強く継続。「提示した条件は変えない。代理人がいるから長期化はするだろうけど、恋人ですから」とラブコールを送った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年11月11日のニュース