鳥谷 海外FA権行使の手続き 球団引き留めに和田監督出馬も

[ 2014年11月11日 18:30 ]

渡米していることがわかった鳥谷

 阪神の鳥谷敬内野手(33)が大リーグ移籍を目指し、海外フリーエージェント(FA)権行使の手続きを取ったことを11日、高野栄一球団本部長が明らかにした。

 高野本部長は「球団としては残っていただけるように全力を尽くしたい」と話し、今後は渡米中の鳥谷本人の帰国を待って、再度、残留交渉に全力を尽くす構え。交渉には南信男球団社長(59)だけではなく、場合によっては現場のトップである和田豊監督(52)も直接説得に乗り出す用意もある。

 渡米中。今季はロイヤルズが直接視察していたことに加え、ブルージェイズがリストアップしていることも判明した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年11月11日のニュース