明大―東大で4・12開幕、入場料値上げ 東京六大学春季リーグ

[ 2014年3月3日 17:25 ]

 東京六大学野球連盟は3日、春季リーグの日程を発表し、4月12日からの開幕週で3連覇を目指す明大は東大と、早大は法大と対戦する。

 5月31日からの最終週に実施する伝統の早慶戦まで、8週にわたり神宮球場で行われる。試合開始は2試合日が午前11時、1試合日は午後1時。プロ併用日はそれぞれ午前10時半、正午となる。

 4月の消費税増税に合わせ入場料金が値上げされ、内野席は200円上がって1300円、外野席は100円上がって800円になる。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月3日のニュース