バリントン 地震にも動じず!納得の実戦初登板

[ 2014年3月3日 14:08 ]

 来日4年目の助っ人はアクシデントにも動じなかった。

 紅白戦(コザしんきん)で実戦初登板した広島のバリントンは、2回6安打2失点の内容を「今日の目的はストライクを投げること。全球種を投げたし、全体的によかった」と振り返った。

 登板中の1回裏2死二、三塁の場面で沖縄地方をマグニチュード5・0の地震が襲い、球場も強い揺れに見舞われたが、その揺れの残るな中、鈴木誠を空振り三振。「試合中は分からなかった。ベンチでミコライオに感じたか?と聞かれて初めて分かったよ」と冷静だった

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月3日のニュース