藤浪VS大谷 8日の甲子園でプロ初の先発対決 12年センバツ以来

[ 2014年3月3日 18:44 ]

甲子園で行われるオープン戦で投げ合う阪神・藤浪(左)と日本ハム・大谷

 日本ハムの大谷翔平投手と阪神の藤浪晋太郎投手が、8日に甲子園で行われるオープン戦でプロ入り後初めて先発で投げ合う見込みとなった。2日に日本ハムの栗山監督が大谷の登板を示唆し、3日に阪神の和田監督が「何もなければいかせたい」と藤浪の起用を明らかにした。

 2012年の春の甲子園大会での対戦時は、当時大阪桐蔭高の藤浪が岩手・花巻東高の大谷に9―2で投げ勝ったが、大谷は藤浪から本塁打を放った。プロに入ってからは昨年5月の交流戦で「二刀流」に挑戦した大谷が打者として藤浪から2二塁打を放った。

 プロ初の投げ合いへ、大谷は「対打者が大事。しっかりと打者を抑えることをしたい」と話し、藤浪は「オープン戦なので特に意識はしません」と述べた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月3日のニュース