DeNAがFA久保と合意 先発として期待 中畑監督ラブコール効いた!

[ 2013年12月2日 13:13 ]

DeNA入団が決まった久保

 DeNAは2日、阪神から国内フリーエージェント(FA)宣言した久保康友投手(33)と入団合意したと発表した。

 DeNAは出来高を含めると2年総額3億円を用意。阪神は条件見直しも検討したが、マネーゲームに発展することは避けねばならず、チームへの貢献度を考慮すればDeNAを上回る資金投入は難しかった。

 久保も不本意なリリーフに回されたことで阪神に不信感を抱き、中村GMから「迷惑をかけた」と謝罪されたが、先発として期待してくれるDeNAへの移籍を決意した。

 DeNAは中畑監督が久保に「直電」で口説いた。条件面を含めた交渉は球団と久保の代理人の間で行われいたが、指揮官は自らの口で「一緒にこのチームを変えてほしい。ウチの弱点は戦ってみて分かるだろ。君が来れば間違いなく勝てる」と獲得への熱意を訴えた。監督就任した11年以来、2年間で2桁勝利を挙げた投手はゼロとあって、口説き文句は「君が最初の2桁勝利投手になってほしい」だった。

 久保は昨季44試合に登板して、3勝4敗6セーブ。05年に松下電器から自由獲得枠でロッテに入団し、1年目に新人王を獲得し、09年から阪神へ。10年に14勝を挙げた。ロッテ、阪神の9年間で通算68勝(63敗)の成績を残している。

 

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年12月2日のニュース