にしこくん 始球式に登場!投手ではなく打者で

[ 2013年6月25日 18:49 ]

<ヤ・D>試合前の始球式でつば九郎(右)と対戦し一塁に走るにしこくん

セ・リーグ ヤクルト―DeNA

(6月25日 神宮)
 25日、神宮で行われたヤクルト―DeNA戦の始球式に、人気ゆるキャラ「にしこくん」が登場した。

 昨年11月のファン感謝デーで実施された「TOKYOマスコットCOLLECTION2012」の人気投票で1位となり、始球式の権利を獲得。どう投げるのか?と注目を浴びていたが、バッターとして登場。「245」の背番号で、背中にバットを貼りつけてバッターボックスへ。投手を務めたつば九郎の投げた球は、あわや死球という“大暴投”。

 24日にはツイッターで「やばブーン!!緊張して胃が痛いブーン」とつぶやいていたにしこくんだが、無事に?空振りして大役を終え「始球式で、あえてのバッターボックスに立ったブーーーーン( *`ω´)!!思いっきりスカったブーン!!!」と感想をツイートしていた。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年6月25日のニュース