ソフトバンクの高卒3年目山下が初先発マスクも反省

[ 2013年6月25日 22:52 ]

パ・リーグ ソフトバンク2―4日本ハム

(6月25日 東京D)
 ソフトバンクの高卒3年目の山下がプロ初となる先発マスクをかぶった。1回に先頭打者の陽岱鋼に初球を中前打されると、すかさず二盗、三盗と決められた。簡単に先制点も許してしまい「最初は緊張した。三盗は準備不足」と反省した。

 ただ2回以降は24歳の山田を引っ張り、交代する5回まで無失点。「次のチャンスがあれば立ち上がりを意識したい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月25日のニュース