今宮2戦連発、柳田プロ1号!ソフトバンク5割へあと1勝

[ 2012年8月5日 15:58 ]

<ソ・西>3回、先制ソロを放ち、内川(左)らナインに笑顔で迎えられるソフトバンク・今宮

パ・リーグ ソフトバンク10―2西武

(8月5日 ヤフーD)
 ソフトバンクが連日の2ケタ安打の猛攻で連勝。借金完済へあと1勝とした。

 3回1死から今宮が左翼席最前列へ運び、前日のプロ1号に続く2試合連続の2号ソロで先制。続く4回、ペーニャの適時打で追加点を奪うと、7回には2年目・柳田のプロ入り初本塁打や内川の3ランで効率良く得点を重ね、試合を決めた。

 プロ初本塁打を放った柳田は「やっと(本塁打が)出てホッとした。これだけ大勢の皆さんの前でゆっくりベースを一周でき、うれしかった。まだまだホームランをこの球場でたくさん打ちたいと思った」と目を輝かせた。

 ソフトバンク先発の大隣は粘りの投球で7回を6安打1失点、5三振2四球で今季9勝目。7月8日の日本ハム戦から自身4連勝となった。

 西武先発の武隈は5回を持たず降板。打線は好機をつくるも、7回と9回に1点ずつを奪うのがやっとだった。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年8月5日のニュース