楽天新加入コンビ 上園手応え&加藤大は制球不安

[ 2012年2月9日 06:00 ]

 阪神から移籍した楽天・上園がシート打撃に初登板した。稲田、阿部を相手に63球を投げ、安打性の当たりは11本。得意のスラーブも試運転し「ブルペンで投げる形と同じように投げられた」と手応えを口にした。

 また、オリックスを戦力外になった加藤大も初登板し、横川、中島、銀次に合計70球。中島の左肘に死球を当てるアクシデントもあり「いいところも悪いところもあった。まだばらつきがある」と話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年2月9日のニュース