ドラ1野村 片りん見せた!捕手座らせても低めに

[ 2012年2月9日 20:23 ]

 広島のドラフト1位新人・野村(明大)がブルペンで初めて捕手を座らせた。28球、依然直球のみだが、次々と低めに決めた。前田健も見詰める中、持ち前の制球力の片りんを見せ「指の掛かり具合は悪くなかった。体の状態もいい」と満足そうだった。

 次のブルペン入りはチームが練習試合を行う11日。「(報道陣が)誰もいないから、ばんばん投げちゃおうかな」と冗談めかす表情にも調整の順調さがうかがえた。10日は練習休み。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年2月9日のニュース