渡辺監督 今季の3番打者に栗山を指名

[ 2012年1月3日 06:00 ]

 西武の渡辺監督が今季の3番打者に栗山を指名した。

 昨季まで不動の3番だった中島が入札制度を利用して大リーグ挑戦。交渉決裂の可能性も残ってはいるが、指揮官は「3番はクリ(栗山)に任せようと思っている。年賀状にも“3番頼む”と書いたからね」と話した。指揮官は2軍監督時代から栗山の打撃を高く評価。リードオフマン、クリーンアップとあらゆる打順の適性を持っている中で、「得点圏打率も高いし、タイプ的に一番しっくりくるのは3番。走者を置いての打席が多いし、それほど長打を打つ必要はないから」と説明した。この日は所沢市内で、牧田、秋山とともにトークショーに参加。地元・群馬の初詣で家族4人全員が「大吉」を引いたエピソードも披露した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年1月3日のニュース