稲葉危機感!「自己犠牲の精神」でダルの穴埋める

[ 2012年1月3日 06:00 ]

愛知県内のバッティングセンターで始動した日本ハムの稲葉

 危機感とともに、日本ハムの稲葉が愛知県内のバッティングセンターで始動した。

 「小さい頃からここで打って育ってきた。年初めは基本に返って」となじみの場所で約1時間の初打ち。昨季は後半戦で失速しV逸、クライマックスシリーズもファーストSで敗退しただけに「今年は最下位もあると思っている。昨年後半の負けを各自がどれだけ反省して今年を迎えるかで順位は変わってくる」と危機感をあらわにした。

 ダルビッシュが米移籍となれば大きな戦力ダウンとなるが、優勝へ向け心掛けるのは「自己犠牲の精神」だ。「ダルの穴は投手だけでなく全員で埋めないと。そのために自己を犠牲にすることもある」と結束の重要性を説いた。自身は今季40歳を迎えるが「結果を出せなければ終わり」と強い覚悟で臨む。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年1月3日のニュース