伝説完結!“山の神”と中畑監督の縁とは…

[ 2012年1月3日 08:50 ]

 DeNAの中畑清監督(57)が2日、故郷の福島県西白河郡矢吹町で行われた「中畑清氏 横浜DeNAベイスターズ監督就任祝賀会」に出席。会場に詰めかけた約350人から盛大な激励を受けた。

 この日の箱根駅伝の5区ではいわき市出身で「山の神」と称される東洋大の柏原竜二主将(4年)が自身の持つ区間記録を0分29秒更新する1時間16分39秒で快走し、同一区間史上2人目の4年連続区間賞を獲得する快走を見せた。「イメージわいたな。ヒントをもらった感じがある」と、守備、代打、代走など一芸に秀でる選手を育てる考えを披露した。

 柏原は少年時代、福島県内で毎年8月に行われる「中畑清旗争奪ソフトボール大会」に参加。東洋大1年生だった3年前の箱根駅伝で優勝後、対面した中畑監督に「地元の憧れの存在」と明かした縁がある。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年1月3日のニュース