ドラ4小林寛、初先発も2発に沈む「弱い部分出た」

[ 2011年9月20日 22:06 ]

セ・リーグ 横浜1―4中日

(9月20日 横浜)
 横浜はドラフト4位のルーキー、小林寛がプロ初先発のマウンドに立ち、5回3失点で黒星を喫した。

 3回に大島にソロ本塁打を許すと、4回には島根・江の川(現石見智翠館)高の先輩でもある谷繁に手痛い2ランを浴びた。「まだまだ。失投が重なり、弱い部分が出た」と反省した。

 尾花監督は、力のある直球を褒めつつ「変化球をもう少し操れれば。しっかり練習して、反省を次に生かしてもらいたい」と、22歳の右腕の今後に期待した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月20日のニュース