10試合ぶりの先制点をもたらした細山田 攻守でけん引

[ 2011年5月6日 21:27 ]

ファンの声援に応える2勝目を挙げた山本(左)と細山田

セ・リーグ 横浜3―1阪神

(5月6日 横浜)
 今季3度目の先発マスクをかぶった細山田が攻守でチームを引っ張った。2回無死満塁で中前に2点適時打。実に10試合ぶりの先制点をもたらし「二ゴロでも遊ゴロでも1点というつもりで打った。抜けたのはラッキー」と、価値ある一打を振り返った。

 好投した山本は「意外なリードもあった。僕の違う良さを引き出してくれた」と感謝。プロ3年目の捕手は「やりましたー」と、山本と並んだ初のお立ち台でこぶしを突き上げた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年5月6日のニュース