×

新沼の母ら無事の連絡「正直ほっとした」

[ 2011年3月14日 17:56 ]

 プロ野球横浜の選手会長で、宮城県出身の新沼慎二捕手(31)は14日、東日本大震災で被災した石巻市在住の母富貴子さんが無事との連絡を受けたことを明らかにした。母とともに、前日まで安否不明だった兄夫婦の子ども3人の無事も確認でき「正直ほっとした。生きててくれて良かった」と話した。

 この日、横浜スタジアムで楽天との練習試合中に姉から連絡が入ったという。ただ、石巻市は甚大な被害を受けており「知人や友人がたくさんいるから」と、手放しでは喜べない様子だった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2011年3月14日のニュース