楽天、巨人施設で練習…星野監督「良かった」

[ 2011年3月14日 06:00 ]

「東北に勇気を!!地震に負けない!」と書かれた横断幕を背に練習する楽天の選手たち

 巨人の施設を借りて練習を再開した楽天・星野監督は「体を動かせて良かった」と話した。田中らがブルペン入りし、前日に1軍に合流したベテランの山崎もフリー打撃で快音。14日は横浜スタジアムで横浜と試合形式の合同練習を行う予定で、先発のエース・岩隈はキャッチボールなどで調整した。

 家族が仙台にいる多くの選手の精神面を球団側が考慮し、取材はNG。選手会長の嶋と主将の鉄平が代表で会見を行い、鉄平が「家族も知り合いも仙台にいるので、正直なところ100%野球に集中するのは難しい」と言えば、嶋も「鉄平さんと同じ気持ち。自分たちのできることを精いっぱいやりたい」と語った。また2人は選手会で被災地へのボランティア活動を行う意向を示した。

 ≪巨人、今後も協力姿勢≫楽天に川崎市内のジャイアンツ球場を練習場所として提供。2軍選手は自主練習、1軍の投手陣の残留組は午前から昼すぎにかけて練習していたため、午後は施設を提供することが可能となった。桃井球団社長は「(施設が)開いているかどうか分からないが、可能であれば協力することはやぶさかではない」と、今後も協力する考えを示した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2011年3月14日のニュース