斎藤、15日に無観客“試合”で先発デビュー

[ 2011年3月14日 06:00 ]

ブルペンで投げ込む斎藤

 日本ハム・斎藤(早大)が、15日のロッテとの実戦形式の合同練習(QVCマリン)に先発する。

 先発デビューする予定だった13日の横浜とのオープン戦(横浜)が地震の影響で中止。実戦不足を補うために、ロッテとの話し合いにより急きょ決まった試合で、無観客の中でのマウンドとなる。この日、ブルペンで全球種を交えて47球を投げたルーキーは、慎重に言葉を選びながら「こういう状況なので、試合で投げられるだけでうれしいです」と話した。

 ここまで3試合は全て中継ぎ。最長3イニングしか投げていないため、吉井投手コーチは登板が決定している21日阪神戦(札幌ドーム)のほかに「あと1回は投げさせないと」と話した。登板日変更にも「対応力はある方なので問題ない」と自信を見せる斎藤は、投げる姿で被災者を勇気づける。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年3月14日のニュース