PR:

本田望結「二刀流と言ってもらえるように頑張る それが私の夢」

冒頭のジャンプこそ転倒したもののその後はよく立て直した本田望結(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートの全日本ジュニア選手権最終日は26日、ALSOKぐんまアイスアリーナで行われ、今季ジュニアに昇格した女優の本田望結(みゆ、13=関大中)は女子フリーで87・82点をマークし、合計140・39点だった。

 冒頭のジャンプで転倒も、その後は立て直し、流れるような演技で観客を引き込んだ。演技後は「目標の大会に立ててうれしい。無事に終われてよかった。最後まであきらめずに出来た」と安どの表情。ジャンプのミスには「ほぼ悔しいことしかない。早く練習したい」と反省も口にした。

 女優とフィギュアスケーターの二足のわらじをはくが、ジュニアになってすぐの大会では結果が出ず、悩んでいた本田。しかし、今大会では初出場ながら自己ベストに迫る得点もマークし「好きなことを2つ見つけられたことに感謝したい。二刀流と言ってもらえるように頑張る。中途半端なのはわかっているが、それを頑張るのが私の夢」と決意を新たにした。

 本田は1番滑走だった前日のSPは、52・57点の15位で24人によるフリー進出を決めていた。

[ 2017年11月26日 18:41 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:12月12日12時〜13時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画