PR:

サイドからのワイド展開必要

<INAC・アーセナル>優勝カップを手に笑顔の川澄奈穂美
Photo By スポニチ

 【INAC神戸1-1アーセナル】アーセナル・レディースはパワフルだったが、INAC神戸はプレッシャーの中でパスをつなぎ、ポゼッション・サッカーができていた。代表だけでなく、クラブでも世界レベルに達していることを証明した。

 気になったのは縦に急ぎすぎること。縦の攻撃ばかりだと中盤の選手が疲れてしまう。もっとワイドに、サイドを使った攻撃を仕掛けないといけない。近賀からのアーリークロスに大野が飛び込んだ場面があったが、あの形を多くつくることだ。

 INAC神戸には沢と、速くて強くて技術がある池笑然という2人の“心臓”がいる。沢がいるから池笑然が生き、池笑然がいるから沢が生きる。なでしこジャパンも沢が中心だが、周りの選手が池笑然のレベルまで成長すればもっと強くなる。(元ジェフ市原強化部長)

[ 2011年12月1日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

バックナンバー

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:09月23日06時〜07時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム