PR:

いいパス供給されず、久保が前線で孤立…

U―17W杯1次リーグE組・第2戦   日本1―2フランス ( 2017年10月11日    グワハティ )

フランス戦、激しいマークを受けるFW久保建英
Photo By スポニチ

 技術もフィジカルもフランスの方が上だったが、日本のボールの失い方の悪さが気になった。相手の足が長く、ボールをキープしていても触られ、体を当てられると簡単に倒れていた。FKは取れるが、ビッグチャンスにはならない。もっと踏ん張って、相手が嫌がる位置まで入らないとゴールは奪えない。

 ボランチから前にいいパスが出る回数が少なく、久保は前線で孤立していた。ドリブルしているときも、周りの選手をうまく使うことが少なく「ここが勝負どころ」という見極めが足りなかった。チームとしても相手が疲れてきた後半30分以降、もっと攻めてほしかった。そこを突けなければ流れは変えられない。

 次はニューカレドニア戦だが、どこが課題かははっきりしているのだから、しっかり修正して勝ってほしい。吸収力のある選手ばかりだし、持ち味を出せば、決勝トーナメント進出は間違いないと思う。(川本治氏=元ジェフ市原強化部長)

[ 2017年10月12日 21:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

バックナンバー

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:10月20日02時〜03時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム