カレッジスポーツ

慶應義塾大学【対立大3回戦】ビッグイニングで試合を決めた。勝負は五分に

 「明日に繋げるための勝ち」――この1勝ではまだ満足してない。立大に先勝を許して迎えた3回戦。4回に4番岩見雅紀(総4)から始まった4連打と天野康大(環4)の三塁打などで5点を先攻し、大きくリードを奪った。先発の関根智輝(環1)は7回途中まで投げて無失点で9つの三振を奪う好投を見せる。投打がかみ合った快勝で対戦成績を1勝1敗のタイに戻した。

記事全文

立教大学【対慶大3回戦】拙攻が響き完敗、今季初黒星

 この回がすべてだった。粘投を続けていた田中誠(コ2=大阪桐蔭)が4回、突如崩れた。慶大の先頭、岩見(4年=比叡山)が左前打で出塁すると、続く郡司(2年=仙台育英)が初球を振りぬく。打球は右中間を真っ二つにし、岩見が一塁から激走。先制のホームインだ。6番清水(4年=桐蔭学園)にも初球の高め直球を狙い撃ちされ、右越え適時二塁打を食らう。さらに倉田(4年=浜松西)に左前安打でつながれたところで左腕は降板。2週連続の中1日で向かった先発だったが、4連打の集中砲火を浴びた4回、1死も奪えず慶大打線にノックアウトされた。

記事全文

明治大学【対早大2回戦】森下暢リーグ初先発初白星 早大の猛攻振り切り勝ち点奪取

 宿敵・早大を連勝で下し勝ち点を奪取した。3回表に逢澤崚介外野手(文3=関西)の適時三塁打で先制すると、6回にも逢澤らの4安打で2点を追加する。投げてはリーグ戦初先発の森下暢仁投手(政経2=大分商)が8回に2点返され追い上げられるも、7回2/3を7安打2失点7三振と安定のある投球で試合を作った。最後は齊藤大将投手(政経4=桐蔭学園)が締め、3−2で4連勝を飾った。

記事全文

慶應スポーツ新聞会

スポーツ法政新聞会

明大スポーツ新聞部

「立教スポーツ」編集部

早稲田スポーツ新聞会

Webtools & Bookmarks

ニュース

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム

      スペシャルコンテンツ