カレッジスポーツ

法政大学【対明大1回戦】菅野まさかの7失点KO... 拙攻が響き宿敵に手痛い黒星発進

 宿敵明大を破り勢いに乗りたい法大。初回にリーグ戦初出場の3番毛利が先制打を放つも、先発菅野が7回途中7失点の背信投球。打線は明大エース斉藤に11安打を放つも、残塁の山を積み重ねてわずか4得点止まり。「血の法明戦」第1ラウンドは明大に軍配が上がった。

記事全文

慶應義塾大学【対東大1回戦】9年ぶりの東大戦敗北。まさかの開幕戦黒星スタート

 衝撃的な敗戦だった。2008年秋季以来連勝してきた東大を相手に、試合開始前から誰もが開幕戦を勝利で飾るだろうと確信していた。しかし、慶大先発の高橋佑樹(環2)が初回から味方の失策をきっかけに東大打線に捕まってしまう。

記事全文

早稲田大学 待ってた大竹!ついに手にした涙の1勝

 「久しぶりの勝利となりましたが、今の率直なお気持ちはいかがですか」。額に汗を浮かべながら報道陣の前に現れた大竹耕太郎(スポ4=熊本・済々黌)に、初めの質問が飛んだ。ところが、いつも理路整然とした受け答えが印象的だった大竹が、珍しく言葉を詰まらせる。「去年一年・・・チームに迷惑を掛けたんで・・・勝ちたいという気持ちで投げました」。涙をこらえながら、震えるように声を絞り出した。最後に勝ち星を挙げたのは3年春の明大2回戦。実に483日ぶりの勝利だ。

記事全文

慶應スポーツ新聞会

スポーツ法政新聞会

明大スポーツ新聞部

「立教スポーツ」編集部

早稲田スポーツ新聞会

Webtools & Bookmarks

ニュース

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:09月20日10時〜11時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム