慶應義塾大学【有終の美を飾れ!秋大会開幕特集】大型スラッガー・岩見

心境を明かす岩見(C)慶應スポーツ新聞会
Photo By 提供写真

 第1週を無事終えた東京六大学野球秋季リーグ戦。早くも熾烈な戦いが繰り広げられた。開幕前特集第3弾は、慶大誇る大型スラッガー・岩見雅紀選手の登場です。ドラフト会議を来月に控える今、そんな岩見選手のチームへの想いを語っていただいた。

 ―ラストシーズンですが、ここまでを振り返って
 とても早く感じました。

 ―?具体的には技術面や精神面でかわったところは
 最初に比べるとかなりボールがバットにあたるようになりました。精神面というか私生活では、規則正しい生活になり、ましになりました。

 ―秋にドラフト会議を控えますが、プロに向けて意識していることなどはありますか
 それはあとからついてくるものなので、意識してないといえば嘘になりますけど優勝したいというのもドラフトにかかりたいというのもどちらも結果を残さねばならないと思ってます。特に(今までと)かわらないかなと思う。

 ―日本代表を経験されて変わったことは
 特にないです。そのぶん練習量が減るのでそこは調整が難しかったです。シーズンや去年を評価されて代表に選んでもらっているので特に変える必要はないと思います。また、短期決戦なので一発を狙うよりは打率が求められるので求められる部分というものは変わってきますし、ポジションも普段と違うので気を使うところは変わったが、本質は変わらずやるだけでした。

 ―春季を振り返って
 悔しいです。あと1勝で優勝できていればというところだったので。立教戦でいちど負けていたところが負けていなければ、両チームの勝率も変わっていたと思います。さらには、そこで自分も打てていないので悔しさが残ります。ホームランを5本打っていても、もっと打てたという反省がまだ十分にありますし、総括しても悔しいシーズンだったと思います。

 ―秋を迎える今のチーム全体の意識はどう見えるか
 良い状態だと思います。緊張感もあり、点差が離れようと、先制しようと、常に次の1点を狙う姿勢はオープン戦から感じられています。いちど代表でチームを離れましたが、改めて見てもいい雰囲気だと思います。逆に自分が合流して崩さないかと思うこともあるほどです。

 ―チームとしての目標は優勝、個人の目標は
 もちろん打つことです。具体的な数字は特になく、普段から打てるだけ打つしかないという意識でやっています。去年の秋は規定打席にいっていなかったが、そのときの3割という打率は越えていきたい。それと、ずっと言っている打点。立大の笠松のように、4番が打点を多く記録するチームが優勝するということが、ある意味証明されてしまったので、個人としてはそこを追い求めていきたい。全項目で今までいちばん高い数字を残したいです。春は右方向が少なかったので、それが率が低い原因かなと考えてます。

 ―秋に向けて一言
 ラストシーズン。下級生から出ていた選手が少なく今までのようなスター選手もいない中で、チームが変わってきているのでなんとしても優勝したいです。

 ―お忙しい中ありがとうございました(慶應スポーツ新聞会 取材:竹内大志、天野拓真 写真:小林歩)

[ 2017年9月13日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

バックナンバー

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:09月25日10時〜11時

      » 続き