慶應義塾大学【対明大フレッシュリーグ】強敵相手に価値ある引き分け

対明大フレッシュリーグ   慶大2-2明大 ( 2017年5月15日    神宮 )

同点打を放ちガッツポーズの田中凌(C)慶應スポーツ新聞会
Photo By 提供写真

 「選手の成長をすごい感じました」――1勝1敗で迎えたフレッシュリーグ第3戦は初回先頭打者ホームランで先行を許すも投手陣が粘り強く7回を2失点でまとめる。打っては田中凌馬(商2)の3安打など計9安打を浴びせた。引き分けという結果にはなったが強豪相手に互角の戦いを見せた。

 月曜開催となったフレッシュリーグ。今度の相手は実力選手の揃う明大。日曜日に先勝したリーグ戦の勢いに乗って「親子勝利」を目指した。慶大の先発は1年の杉原寛哉(総1)。いきなり先頭打者にホームランを浴びたがその後は140キロの速球と変化球を投げ分けて4イニングで許したランナーはホームランのバッターのみ。毎回の5三振を奪う好投だった。5回からマウンドに上がった岡野新二(商2)は1イニングで3本のヒットを浴びたが宮田皓(商2)の三遊間のゴロに飛びつく好プレーもあり1失点で食い止める。続く石井雄也(商2)、高橋伶介(政2)も長打を許しながらなんとか無失点で凌いだ。

 一方慶大打線は1回に新人戦主将の亀川泰輝(商2)と嶋田翔(環1)に、2回には田中凌に、4回には宮田に、とヒットこそ出るものの、リーグ戦での登板も経験している相手先発・伊勢の前になかなか得点できない。5回に先頭の田中凌が右中間への二塁打でチャンスメイクすると大西健斗(環1)がセンター前へ運んでまず1点を返す。さらに6回は2死から宮田が粘って10球目を弾き返すと打球は三塁線を破ってツーベース。さらに死球をもらってチャンスを広げると田中凌が本日3本目のヒットをライト前に放ちついに同点に追いつく。規定の時間も迫る中最後の攻撃となるであろう7回裏は1死から亀川がセンターの頭を超える二塁打で勝ち越しの好機を作る。そしてクリーンナップの打順というところだったが、ここではあと一本が出ず連盟規定により7回打ち切りの引き分けとなった。(慶應スポーツ新聞会 記事:尾崎崚登)

[ 2017年5月19日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

バックナンバー

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月22日22時〜23時

      » 続き