慶應義塾大学【対早大1回戦】ダブルルーキーが魅せた!優勝へあとひとつ

対早大1回戦   慶大2-1早大 ( 2017年10月28日    神宮 )

1点差で勝利し盛り上がるベンチ(C)慶應スポーツ新聞会
Photo By 提供写真

 「だんだん王者にふさわしいチームになってきたかなと思います」――ついに迎えた早慶決戦第1ラウンド。初回清水翔太(総4)の2点タイムリーで先制すると、先発関根智輝(環1)が粘りの投球を披露した。7回からは佐藤宏樹(環1)を投入して逃げ切り。5連勝で優勝まであと1勝とした。

 雨が降りしきる神宮の杜。寒空の下でも陸の王者は燃えていた。

 連勝すれば優勝となる1回戦。初回、相手先発小島の制球難に付け込み3つの四死球で1死満塁のチャンスを作る。迎えた目下首位打者の5番清水翔が見事なセンター返し。2者が生還し、幸先よく先制した。

 その裏、慶大の先発マウンドに立ったのはルーキー関根。こちらも制球に苦しみ同じく1死満塁のピンチを招く。5番宇都口をボテボテのセカンドゴロに打ち取るも、1点を失ってしまった。後続は抑えるも、その後2回、3回と先頭に長打を許す苦しいピッチングが続く。しかし要所で速球が冴えわたり三振を奪っていく。

 初回以降小島に抑えられた打線は4回に清水翔の内野安打と郡司裕也(環2)のセンター前ヒットなどで2死満塁とする。しかしここは小島に力でねじ伏せられ得点できなかった。

 その裏、瀬尾翼(理4)がネット際の邪飛を取って先頭を切ると、今度は三遊間の打球に瀬尾が追いつき見事な送球。2つのアウトを奪うが、下位打線に連打を浴びて再びピンチ。しかし1番八木をフォークで空振り三振に仕留め、再び踏ん張った。

 球数が100球に近づいた6回。先頭から三振を奪うも、連打で1死一・三塁とされる。

 この日1番のピンチで代打の尾崎を3球三振で打ち取ると、続く八木をファーストゴロに抑えここも粘りきった。

 小島の後を継いだ大竹に対しても打線がうちあぐねる中、7回からは2番手佐藤が登板。自慢の快速球で3者連続三振を奪うと、その後も早大打線を圧倒。9回に早大が代打攻勢を仕掛けるも、どこ吹く風。代打の切り札・熊田を145キロの直球で見逃し三振にし、ゲームセット。ルーキー投手リレーで優勝へ王手をかけた。

 「春を超える」。ついにそのスタートラインに立った。本当の戦いはここからだ。春は涙を飲んだ“あとひとつ”。その大きな壁を超えられる力を今は持っている。あとひとつを掴むために汗を流し、悔しさを噛み締めて半年を費やしてきたのだ。大丈夫。今の彼らなら、きっと手は届く。

 【This is YOUR day!!】 大舞台で躍動!左右のルーキー 関根智輝&佐藤宏樹

 関根は昨季早大2回戦で登板したが、本来の力を発揮できず2失点を喫した。再び大一番で回ってきた先発のマウンド。ヒットこそ浴びたがランナーは返さないKEIOらしい粘り強さを発揮した。

 一方佐藤は早慶戦初登板。だが大舞台が彼をさらに奮い立たせた。自己最速の148キロをマークするなど3イニングをパーフェクト。6つの三振を奪い、試合を支配してみせた。

 次の試合でも2つの若い力が4年を最高の形で送り届けるアシストをしてくれるはずだ。(慶應スポーツ新聞会 記事:尾崎崚登)

[ 2017年10月30日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

バックナンバー

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月22日07時〜08時

      » 続き