【バレーボール】日本女子、第1セット先取を許す 15―25と大差 東京五輪金メダル米国と対戦

[ 2024年6月16日 19:08 ]

バレーボールネーションズリーグ女子1次リーグ福岡大会   日本―米国 ( 2024年6月16日    北九州市・西日本総合展示場 )

スパイクを放つもアウトとなる古賀(撮影・岡田 丈靖)  
Photo By スポニチ

 バレーボールのネーションズリーグ女子1次リーグ福岡大会最終日が行われ、パリ五輪出場が決定した世界ランク7位の日本は同5位で21年東京五輪金メダルの米国と対戦。15―25の大差で第1セットを奪われた。

 第1セットは岩崎こよみ、林琴奈、古賀紗理那、石川真佑、山田二千華、荒木彩花が先発した。

 日本は序盤から米国の打点が高く強烈なスパイクを処理しきれず苦戦。6―7から石川のスパイク、岩崎のブロックが決まり一時逆転に成功したものの、直後に5連続ポイントを許し突き放された。

 日本のパリ五輪出場を巡っては、13日のカナダ戦の敗戦から一夜明けた14日、日本バレーボール協会に国際バレーボール連盟(FIVB)およびバレーボールワールド(VW)から五輪出場決定の通知が届いた。同日の全試合終了後FIVB、VWが世界ランクのポイントを計算した結果、この時点で1次リーグの残り試合の結果に関わらず、日本が五輪出場の条件を満たすことが判明した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2024年6月16日のニュース