熱海富士がキレキレダンス披露!「やり切ったっす」名古屋場所を前にBリーグとコラボイベント

[ 2024年6月16日 19:28 ]

ダンス対決でキレキレな動きを披露する熱海富士。後ろで爆笑するのは(左から)翔猿、大の里、阿炎、翠富士(撮影・前川 晋作)
Photo By スポニチ

 大相撲名古屋場所(7月14日初日)とプロバスケットボール男子・Bリーグの名古屋ダイヤモンドドルフィンズがコラボしたイベント「未来へ繋げ!ドルフィンズアリーナ!愛知県LOVEスポーツ博2024」が16日、名古屋市中区のドルフィンズアリーナで行われた。

 1965年から毎年名古屋場所で使用されており、名古屋ダイヤモンドドルフィンズのホームアリーナとしても知られている同会場。来年5月に閉館し、新しく「IGアリーナ」として名古屋市北区の名城公園内に移転する。

 同会場で最後となる名古屋場所を前に、人気力士5人(阿炎、大の里、熱海富士、翔猿、翠富士)とバスケ選手5人(伊藤達哉、菊池真人、今西優斗、中東泰斗、佐藤卓磨)がフリースロー対決などを行い、それぞれのファン約3000人が集まった会場を盛り上げた。

 「バズりダンス対決」には、角界から幕内・熱海富士(21=伊勢ケ浜部屋)と翔猿(32=追手風部屋)が参戦。ともにキレキレな動きを披露して会場を沸かせ、バスケ界から参戦した佐藤卓磨(29)と今西優斗(18)にそれぞれ“判定勝ち”を収めた。熱海富士は「踊る予定じゃなくて急でした」と“即興”にも対応。「盛り上がりましたね。やり切ったっす」と満足げだった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2024年6月16日のニュース