フィギュア「宙返り」OKに!国際スケート連盟がルール改正 減点の対象外に

[ 2024年6月15日 04:15 ]

世界選手権の男子フリーで後方宙返りを披露するフランスのアダム・シアオイムファ
Photo By スポニチ

 国際スケート連盟(ISU)は13日まで米ラスベガスで開いた総会でフィギュアのルールを改正し、危険な技としてきた宙返りを新たに容認し、減点の対象外とすることになった。

 男子のアダム・シアオイムファ(フランス)が試合で後方宙返り(バック宙)をして賛否両論が起きたが、ISUは「非常に華麗で、不正な動きに含めることは、もはや論理的ではない」と結論付けた。男女フリーのジャンプ数は26年ミラノ・コルティナダンペッツォ冬季五輪後の26~27年シーズンから1つ減って計6つとなる。表現面により比重を置く狙いで、連続ジャンプを3度から2度に制限する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2024年6月15日のニュース