【全米オープン】松山英樹が66のチャージで反撃ののろし 4つ伸ばして上位戦線に浮上

[ 2024年6月15日 02:33 ]

米男子ゴルフツアー 全米オープン第2日 ( 2024年6月14日    ノースカロライナ州 パインハースト・リゾート=7543ヤード、パー70 )

松山英樹(AP)
Photo By AP

 50位から出た21年マスターズ覇者の松山英樹(32=LEXUS)が4バーディー、ボギーなしの66をマークし、通算2アンダーに浮上した。ホールアウト時点で暫定7位につけている。

 松山が反撃ののろしを上げた。前半で1つ伸ばして迎えたアウトのバックナイン。3番パー4で第2打を約1・5メートルにピタリと寄せると、続く4番では6メートルのチャンスをねじ込む。パー5の5番ではフェアウエーからの第3打をきっちり2メートルにつけて3連続バーディーを奪った。最終9番パー3では、グリーンエッジからパターで狙ったバーディーパットがカップを一周して飛び出して思わずガックリする場面も。それでも、難コースで一気に4つスコアを伸ばすチャージを見せた。

 この日は23パットと初日の30パットからグリーン上がかみ合い、フェアウエーキープ率も71%と安定した。初日2オーバーと出遅れながらも地力を発揮し、21年マスターズ覇者が上位争いに加わった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2024年6月15日のニュース