×

5年ぶり代表戦へSO山沢拓也「フレッシュな気持ちで」ラグビー日本代表 あすウルグアイ戦

[ 2022年6月24日 12:34 ]

ウルグアイ戦を翌日に控え、試合会場で練習を行った日本代表の山沢拓也(中央)
Photo By スポニチ

 ラグビー日本代表は24日、あす25日のリポビタンDチャレンジカップ2022第2戦のウルグアイ戦(福岡・ミクニワールドスタジアム北九州)を前に会場で前日練習を行った。17年5月の香港戦以来、実に5年ぶりの代表復帰戦で10番を背負うSO山沢拓也(埼玉)は練習後に取材に応じ、「5年前にテストマッチに出場したが、5年も前のことなので、気持ち的にはフレッシュな気持ちで思い切ってプレーしたい」と意気込みを示した。

 日本代表の今年のテストマッチは2戦目となるが、6月初旬から宮崎で強化合宿を行ってきた主力組にとっては、この試合が初戦となる。高3だった17歳の時に初めて代表合宿に参加するなど将来を嘱望されてきた山沢も、今季のリーグワンでのパフォーマンスが認められて代表に復帰。19年W杯代表メンバーの田村優(横浜)、松田力也(埼玉)のSO2人が不在の中、司令塔としてゲームコントロールを託された。

 “ファンタジスタ”と形容される山沢は、パス、ラン、キックのスキルの高さや、相手が予想も付かない独創性あるプレーが魅力。今季のリーグワンではプレーの安定感やディフェンスでも成長を見せた。来年に迫ったW杯フランス大会の代表入りも期待される存在だが、「深く先のことを考えずに、明日の試合で自分がやれることをやりきりたい。10番としてチームをリードしたい」とやや緊張の面持ちで語った。

 宮崎合宿では山沢と同部屋で約3週間を過ごしたという元主将のリーチ・マイケル(BL東京)は「彼の良さは自分で行けるプレー。蹴って自分でボールを取るプレーが多い。まずは自己表現することが一番」と期待した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年6月24日のニュース