×

石塚玲雄は57・06点「観客の前でコンサートのように滑れた」男子SP第2Gコメント集

[ 2021年12月24日 18:27 ]

フィギュアスケート全日本選手権第2日 ( 2021年12月24日    さいたまスーパーアリーナ )

<全日本フィギュア第2日>男子SP、演技をする石塚玲雄(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 北京五輪の代表最終選考会として行われ、男子ショートプログラム(SP)第2グループの選手がオンライン取材に応じた。

 ▼鈴木楽人(55・00点)「ジャンプはノーミスでまとめることができた。点数的にも自分が思っていた以上の点数が出てうれしい。フリーを滑ることができたら精いっぱいやるだけ」

 ▼櫛田一樹(72・37点)「最初から最後まで楽しんで滑ることができた。フリーでは最後まで大切なジャンプでミスしないように、気を緩めずに楽しく終わろうと思う」

 ▼中村俊介(52・78点)「練習での頑張り、努力が足りなかったと思った。試合で120%の演技ができるようにもう少しメンタル面も強化したい。4回転はこの試合で決めると練習してきたが、それもできずに悔しい」

 ▼石塚玲雄(57・06点)「素晴らしい練習をしてきた。どれだけ自分を信じて守りに入らずに、楽しくジャンプを跳んでいけるかがキーポイントだった。お客さんの前でコンサートをやっているように滑ることができた。幸せな時間だった」

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年12月24日のニュース