瀬戸大也「絶好調の時よりもいい」 金メダルの可能性「100%に近づいている」

[ 2021年7月22日 11:16 ]

瀬戸大也
Photo By スポニチ

 東京五輪の競泳男子400メートル個人メドレーで金メダルを狙う瀬戸大也(27=TEAM DAIYA)が22日、リモート取材に応じ「体も心も整っている状態で、すごくワクワクしている。金メダルを絶対に獲るとう気持ちはブレていないが、それよりも理想の泳ぎができるか。4分4秒台にどれだけ近づけるか、超えられるか」と語った。目標は自己ベストの4分6秒09を大幅更新する4分4秒台。ライバル萩野公介(26=ブリヂストン)の持つ日本記録4分06秒05を1秒以上も塗り替えるタイムをターゲットにする。

 不祥事により活動停止処分を科された影響などによる練習不足もあり、4月の日本選手権は自己ベストから3秒近く遅い4分9秒02に低迷。6月のジャパンオープンも4分9秒88とタイムを伸ばせなかったが、大会直前まで標高1750メートルの準高地で練習を積んだ成果で調子は上向いている。

 金メダルの可能性を問われると「めちゃくちゃ100%に近づいている。コンディションは絶好調の時よりもいい」と自信を見せ「自分1人ではここまで来られなかった。サポートしてくれるTEAM DAIYAのメンバー、家族、いろんなことがあっても“それでも応援しているよ”とメッセージを下さるファンの方々。たくさんの方に感謝しかない」と神妙な面持ちを見せた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月22日のニュース