ウィザーズ劇的決着 最終戦で8位の座を確保 八村は16得点

[ 2021年5月17日 05:03 ]

お互いの健闘を称え合うウィザーズのウエストブルック(左)とビール(AP)
Photo By AP

 東地区全体9位で地元ワシントンDCでの最終戦(16日)に臨んだウィザーズは、115―110(前半52―56)で同率だった8位ホーネッツに競り勝って34勝38敗。開幕5連敗と序盤でつまずき、新型コロナウイルス感染拡大の影響で6試合が延期になるという波乱のシーズンの中で、前日に10位から9位、そして最終日に9位から8位に順位を上げて「プレー・イン・トーナメント」に回ることになった。

 9位と10位はプレーオフ進出に「2勝」が必要だが、8位になったことで7位のセルティクスに勝てば“一発勝ち抜け”で第7シードとなることが可能。この日は11点差を追う形(79―90)で第4Qに突入したが、このクオーターを36―20で制して見事な逆転勝ちを飾った。

 最大16点差をひっくり返しての貴重な白星。第4Qはリードする側が9回(同点1回)も替わるシーソーゲームだったが、定員の26%となる5333人のファンが詰めかけた本拠地「キャピタル・ワン・アリーナ」で、ウィザーズが最後の最後でホーム・アドバンテージを生かした。

 今季57試合目となった八村塁(23)は34分出場。フィールドゴール(FG)を12本中7本成功させて16得点と6リバウンドをマーク。96―97で迎えた第4Q4分すぎにこの日2本目の3点シュートを決めてチームに勢いをもたらした。

 ウィザーズでは太腿を痛めていたブラドリー・ビール(27)が4試合ぶりに復帰し、試合開始から6本連続でシュートを外したものの第4Qの13得点を含む25得点を稼いで勝利に貢献。ラッセル・ウエストブルック(32)は23得点、15リバウンド、10アシストで今季38回目、通算183回目のトリプルダブルを達成し、2季ぶり3回目のアシスト王(11・7)もほぼ決まった。

 なおウィザーズは今季セルティクスに対しては1勝2敗(●107―116→〇104―91→●110―111)。ただしセルティクスでは今季24・7得点を挙げて球宴にも選出されたジェイレン・ブラウン(24)が手首の故障で今季の出場は絶望となっている。

 ホーネッツは5連敗で33勝39敗。ペイサーズがこの日125―113(前半68―55)でラプターズに勝ってウィザーズ同様に34勝38敗としたために、前日の8位から10位に順位を下げて全日程を終了した。

 ペイサーズに敗れたラプターズは7連敗を喫し、27勝45敗で今季の全日程を終了。故障者続出で出場したのはわずか6選手のみだった。足首を痛めている渡辺雄太(26)も欠場。新天地で迎えたNBA3季目は結局50試合の出場で4・4得点、3・2リバウンドという成績で、シュートの成功率はFGが43・9%、3点シュートが40・0%、フリースローは82・8%だった。

 <八村の全オフェンス>
 ▼第1Q(出場8分35秒=4得点)
(1)14秒・正面フリースローライン付近からジャンプシュート=〇(アシスト・ウエストブルック)
(2)34秒・ゴール下でシュートを放つもブリッジズにブロックされる=×
(3)59秒・左サイドでプルアップからジャンプシュート=〇
(4)5分20秒・ワンマン速攻からレイアップに持ち込むもブリッジズにブロックされる=×
 ▼第2Q(出場8分49秒=7得点)
(5)3分42秒・正面左からバックボードに当てての3点シュート=〇(アシスト・スミス)
(6)6分33秒・フリースローライン付近からジャンプシュート=〇(アシスト・ビール)(7)9分26秒・正面からジャンプシュート=〇(アシスト・ウエストブルック)
(8)10分6秒・左コーナーから3点シュート=×
 ▼第3Q(出場8分18秒=2得点)
(9)1分49秒・正面からジャンプシュート=〇(アシスト・ビール)
(10)8分12秒・左エルボーからプルアップでジャンプシュート=×
 ▼第4Q(出場8分39秒=3得点)
(11)4分44秒・左サイドから3点シュート=〇(アシスト・スミス)
(12)11分36秒・正面でプルアップからジャンプシュート=×

 <八村1季目と2季目の個人成績の変化>
 ▼出場試合数=48→57
 ▼出場時間=30・1分→31・5分
 ▼得点=13・5→13・8
 ▼FG試投数=11・4→11・4
 ▼FG成功数=5・3→5・4
 ▼FG成功率=46・6%→48・8%
 ▼3点シュート試投数=1・8→2・4
 ▼3点シュート成功数=0・5→0・8
 ▼3点シュート成功率=28・7%→32・8%
 ▼フリースロー成功率=82・9%→77・0%
 ▼リバウンド=6・1→5・5
 ▼オフェンス・リバウンド=1・6→0・9
 ▼アシスト=1・8→1・4
 ▼スティール=0・8→0・8
 ▼ブロックショット(総数)=8→7
 ▼ターンオーバー=1・1→1・2
 ▼反則=2・2回→2・1回

 <東地区プレー・イン・トーナメント日程>
 ▼18日
(7)セルティクス―(8)ウィザーズ=勝者は第7シード
(9)ペイサーズ―(10)ホーネッツ
 ▼20日
 セルティクス―ウィザーズの敗者対ペイサーズ対ホーネッツの勝者=勝った方が第8シード
 *日付は現地時間
  

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年5月17日のニュース