西村優菜が逆転でメジャー初優勝 ツアー2勝目 女子ゴルフ ワールド・サロンパス・カップ

[ 2021年5月9日 16:31 ]

女子ゴルフツアー ワールド・サロンパス・カップ最終日 ( 2021年5月9日    茨城県 茨城GC東C=6630ヤード、パー72 )

<ワールドレディースチャンピオンシップサロンパスカップ・最終日>優勝トロフィー(右)とサロンパスカップを手に笑顔を見せる西村優菜(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 首位と3打差の2位から出た西村優菜(20=スターツ)が6バーディー、1ボギーの67で回り通算14アンダーとし逆転でメジャー初優勝を飾った。昨年秋の樋口久子三菱電機レディース以来のツアー2勝目。ミレニアム世代で初のメジャー優勝者となった。

 西村は、3日目首位の高橋彩華(22=東芝)、同2位の大里桃子(22=伊藤園)と最終組でスタート。前半で2つ伸ばして折り返し、12番で1・5メートルにつけてバーディーを奪い首位に並ぶと、13番で2・5メートルを沈めて単独首位に浮上。パー3の17番でも7メートルのパットを決めてスコアを伸ばした。

 大里、臼井麗香(22=ディライトワークス)、稲見萌寧(21=都築電気)が11アンダーで2位だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年5月9日のニュース