×

東海大仰星、快勝発進 “仰星のニュー大畑”WTB大畑亮太が快足飛ばし先制トライ

[ 2020年12月31日 05:30 ]

第100回全国高校ラグビー大会2回戦   東海大仰星31―7佐賀工 ( 2020年12月30日    花園ラグビー場 )

<東海大大阪仰星・佐賀工> 前半4分、奥田がインゴールに蹴り入れたボールを追う東海大大阪仰星・大畑(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 ここぞの場面でトライを取るのがエースの仕事だ。東海大大阪仰星のWTB大畑が前半4分に先制トライ。敵陣30メートル付近、SO奥田のディフェンス裏へのグラバーキックに「アイコンタクトをしていた」と反応した。50メートル5秒9の快足で右サイドをかけ上がり、足にポーンとかけ、インゴールに押さえた。

 FWが、佐賀工と力勝負を繰り返し、少し攻めあぐねたところだった。技ありの1本で「勢いに乗れた」とCTB近藤主将は語る。試合を通して、モール攻撃によるスローペースに持ち込まれ、思うように攻められなかった。フィニッシャーの胸のすくようなトライが、初戦突破の原動力になった。

 「仰星の大畑」と言えば、テストマッチ世界最多69トライを挙げ、世界殿堂入りをした大畑大介さんが有名だ。今月中旬、学校グラウンドでもらったアドバイス通り、持ち味の速さを発揮した。

 「仰星にはポイントをつくるタイプのWTBが多いけど、トライに取りにいけるのは珍しい。強みを消さず、戦術に融合させればいいと、言われました」

 血縁関係はない。付属中に入学した時は名前はおろか存在さえも知らなかった。高校生になって力を付けるうちに、周囲に「仰星の大畑と言えば…」と言われることが増え、気に留めるようになった。経歴を調べ、動画もたくさん見た。意識が大きく変わった。

 「大畑さんの偉大さを知るうちに、名前に泥を塗らないようにと思うようになりました」

 抽選の巡り合わせで1回戦がなく、出場校最後の登場だった。“しんがり星”を挙げ、元日の3回戦は長崎北陽台と対戦する。ワールドクラスになったOBのように、「頼られるWTB」となって、優勝候補を支える。 

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年12月31日のニュース