仏1部移籍の松島幸太朗 15番獲得に「手応えは結構ある」 9・6開幕トゥールーズ戦

[ 2020年8月18日 00:22 ]

日本メディア向けにオンライン取材に応じた松島幸太朗
Photo By スポニチ

 ラグビー日本代表で、フランス1部リーグのクレルモンに移籍したFB松島幸太朗(27)が17日、日本メディア向けにオンライン取材に応じ、9月6日の開幕トゥールーズ戦に向け「(練習で)ずっと15番をやって、しっかり自分から指示も出せている。手応えは結構ある」とレギュラー獲得へ自信を示した。

 松島は7月9日に成田空港から渡仏。チーム練習に合流して1カ月以上が経過し、「コンビネーションの部分はまだ仕方ない部分があるが、最初に比べれば合ってきた」という。チームメートとも「割と早く馴染むことができた」そうで、フランス語しか話せない選手とも「ノリでやったりしている」と積極的に言葉を交わしている様子を明かした。

 初挑戦となるフランスラグビー。「2部練習とウエートトレーニング、フィットネス練習が毎日ある。(日本では)合宿ではやるが、シーズン開幕2週間前までやるのは経験がない。思ったよりもやるな、という感じ」と文化の違いも感じ取っているようすの松島。ウエートの効果は5キロ増えたという体重に表れており、「(増量しても)結構走れている。徐々に自分の体を合わせていきたい」とバージョンアップしたボディーで新天地での活躍を誓った。

 フランスでも新型コロナウイルスの感染収束は見通せないが、現状でリーグは予定通り開幕する。来年1月のトップリーグ開幕までは、日本のファンの視線を一身に浴びる立場となるだけに「僕がしっかり試合に出ることで(日本国内も)盛り上がると思うので、自信を持ってやりたい」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月17日のニュース